• ホーム
  • 望まぬ妊娠を回避するにはモーニングアフターピル

望まぬ妊娠を回避するにはモーニングアフターピル

望まない妊娠を回避するためにはモーニングアフターピルを服用することが重要です。
モーニングアフターピルとは、アフターピルと呼ばれるピルの俗称で性行為の次の朝に服用するピルを意味しています。
性行為の途中でコンドームが破損してしまったり、外れてしまったりして精液が膣内に漏れ出してしまった場合や望んでいないにもかかわらず膣内に精液を出されてしまった場合などに用いられます。
モーニングアフターピルを服用することによって避妊効果を得ることができます。
端的に、望まぬ妊娠を回避するために緊急で使用されるのがモーニングアフターピルです。

モーニングアフターピルは性行為後できるだけ早く服用することが望ましいとされています。
一般に、性行為から72時間以内でモーニングアフターピルを服用すれば、かなり高い避妊効果が期待できます。
避妊成功率が高いのは72時間以内の服用で、それ以降は妊娠の可能性があるので注意が必要です。
ただし、モーニングアフターピルを服用したからといって100%の確率で避妊に成功するとは限らない点には留意が必要です。
性行為後時間が経過するにつれて避妊の確率は下がってしまうので、万が一に備えて通販などで購入し、常備しておくようにすると安心です。

モーニングアフターピルは身体の中に自然に備わっているホルモンを一時的に薬剤によって変化させるものです。
ホルモンの量を変化させることによって、避妊効果を得ることができるわけですがそれには副作用が伴います。
急激に身体の中のホルモンの量が変化するので、吐き気や頭痛などの症状が出ることがあります。
モーニングアフターピルは特に副作用が強く出てしまう傾向があるためあくまでも緊急避妊薬として活用するものであると認識することが大切です。
身体への負担も大きくなるので、常用するものではありません。
モーニングアフターピルは緊急避妊薬であるということをしっかりと認識した上で、望まぬ妊娠を回避するために活用するものであることをきちんと理解しておくことが大切です。

モーニングアフターピルを飲んだ後の生理はいつくる?

モーニングアフターピルの飲み方としては、性行為後できるだけ早く服用するようにすることが大切です。
72時間を超えて服用しても避妊効果は低くなり、避妊成功率も下がってしまいます。
モーニングアフターピルの飲み方は、薬剤に添付されている服用上の注意をよく読んでから薬剤を服用することが大切です。
一般に性行為後から72時間以内に2錠、または1錠を1回だけ服用する薬剤が多いです。

モーニングアフターピルを服用した後に生理がくるようであれば避妊に成功したことを意味しています。
一般に、生理の際の出血は不要になった子宮内膜が剥がれる際にことで起こるものです。
モーニングアフターピルを服用した後の生理は、個人差がありますが、排卵日前なら数日〰7日程度で出血が起こる場合が多いです。
モーニングアフターピルの効果によって子宮内膜が剥がれおち、その際に出血が起こります。
この出血が起これば、妊娠を回避できたことを意味しています。

排卵後にモーニングアフターピルを服用した場合には、次の生理予定日が来る頃、およそ3週間後に次の生理がきて妊娠しなかったことがわかります。
生理直後の場合には、次の生理から1週間ほど生理が遅れる場合もあるので注意が必要です。

このように、妊娠を回避することができていればアフターピルを服用して数日後から3週間以内に生理がきます。
ただし、いつ生理がくるかについては個人差によるところが大きい点には留意しておく必要があります。
アフターピルを服用して3週間以上経過しているにもかかわらず、生理がこないような場合には妊娠している可能性もあるので、妊娠検査薬で検査するか病院で診断を受けるようにすることが大切です。