• ホーム
  • 低用量ピルは更年期障害にも使われる

低用量ピルは更年期障害にも使われる

更年期障害の治療にはホルモン補充療法が行われることが知られていますが、低用量ピルを使ってホルモンバランスを安定させる方法も注目されています。
低用量ピルは本来の目的である避妊薬として使われるだけでなく、ホルモンバランスを整える効果も持っていることから更年期障害への対策にも使用されます。
低用量ピルを使う方法は本格的な更年期を迎える前が適しているとされ、その見極めが重要となります。

更年期障害は加齢によって卵巣機能が低下するために女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に低下してホルモンバランスが崩れてしまいさまざまな症状が現れます。
ホットフラッシュや動悸息切れ、めまいや耳鳴り、むくみや便秘といった身体的な症状や強いイライラや不安感、不眠といった心身両面の不調が主に挙げられます。
ホルモンバランスの崩れは自律神経の調和も乱しやすくなり自律神経失調症を引き起こす原因にもなって悪化させると多くの対症療法が必要となるため、婦人科でホルモン補充療法を受けることが有効とされます。

近年注目されている低用量ピルを使った更年期対策も、婦人科で診断を受けて医師の処方を受けたのちに行われます。
低用量ピルは閉経前のプレ更年期と呼ばれる時期に有効とされる方法で、閉経が近くなると卵巣機能が低下して以降はホルモン補充療法に切り替える必要が出て来ます。
そのタイミングは大変微妙でしっかりとした見極めが重要なため、検査でホルモン値を見て閉経が近いかどうかの診察を受けながら医師と相談の上決める必要があります。

低用量ピルは更年期障害の症状が重く出てしまう心配のある人や、本格的な更年期を迎える前に症状悪化を予防したい人、閉経よりもかなり前から更年期障害のような心身の不調を感じる人に適していると言えます。
低用量ピルの場合、配合されているホルモン量がそれほど多くないことから副作用も少なめとされ、プレ更年期の人が導入しやすい対策方法の一つとなっています。

ホルモン補充療法として低用量ピル使うのは何歳まで?

本格的なホルモン補充療法を始める前の更年期対策である低用量ピルを利用したホルモンバランスを整える療法は、本格的な更年期を迎える前までです。
閉経を迎えて卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌量が激減して以降はホルモン補充療法に切り替えることになります。
閉経する年齢は人によって少なからず差があることから低用量ピルを使うのは何歳までと言うより、婦人科で診察や検査を受けてホルモン量を見ながら医師と相談して決めて行きます。

低用量ピルからホルモン補充療法への切り替えのタイミングは医療機関でも確立されていない面があるほどデリケートです。
一般的に50歳前後と言われる閉経年齢が近づいた時点で低用量ピルの服用を一時的に中断したのち検査を受けてホルモンの値などを診ながら閉経の時期を慎重に見極め、ホルモン補充療法への移行が検討されるといった判断方法がとられます。
基本的にピルは妊娠を望まない人が服用する薬であるため30代辺りから飲み続けている人がプレ更年期に差し掛かった時に切り替えの時期を考えるといったケースが多くなります。

本格的に更年期となる閉経を迎えるのが概ね50歳前後となると低用量ピルからホルモン補充療法に切り替える時期は40代のいずれかの時期ということになり、個人差があるとは言えだいたい40代後半と言われています。
低用量ピルはその名称からホルモン量が少ない印象を持たれがちですが、40代後半になってエストロゲンの分泌量が急速に低下してから服用を続けるとホルモンの量が多過ぎる状態になります。
プレ更年期以前に低用量ピルの服用をしていない人が更年期対策を行う場合は、ホルモン補充療法から始めるのが一般的となっています。