• ホーム
  • 代表的なアフターピル、アイピルについて

代表的なアフターピル、アイピルについて

性行為をする場合は、ほとんどの人が妊娠の心配をするでしょう。
しかし、前もって避妊をしていても失敗する場合があります。
そんな時に使う緊急避妊薬というのがあるのを知っているでしょうか。
代表的な緊急避妊薬はアイピルで、服用方法は性行為をした後に飲みます。

緊急避妊薬には女性ホルモンの黄体ホルモンと同じ成分が配合されています。
この成分は通常のピルにも配合されています。
しかし、緊急避妊薬に配合されている量は通常のピルと比べると3倍ほど多いです。

黄体ホルモンが体内に入ると子宮膜が厚く形成されて、子宮は受精卵が着床しやすい状態になり妊娠した状態に近づけます。
これによって、妊娠がしにくくなるのです。
体内に入った精子が生きていられるのは3日間と言われています。
ですので、卵巣によって起こる排卵を止められれば避妊が出来ます。
もし性行為と排卵の日が重なってしまって受精したとしても、子宮で着床するまでには1週間ほどかかります。
ですので、その間にアイピルを飲んで妊娠しにくい状態にすれば避妊は可能です。

アイピルは服用方法を守れば避妊が失敗する可能性は低いですし、副作用が少ないです。
服用するのは性行為をしてから72時間の間に飲みましょう。
1回に飲む量は1錠で、水かぬるま湯で飲みます。
アイピルを飲むと、体は避妊をする為に正常な機能を乱してしまいます。
そのため体に負担がかかってしまい、副作用が出てしまうのです。

服用方法を守らないと頭痛や吐き気、めまいやむくみなどの副作用が起こりやすくなったりひどくなったりする場合があります。
例えば、効果を高めようと1回に2錠飲んだり他の薬と一緒に飲んだりするのは危険なのでしてはいけません。
副作用や注意事項はしっかり確認しておく事が大切です。
アイピルを飲んだ後は、必ず妊娠検査薬で検査をしましょう。
絶対に避妊が出来るというものではないので、アイピルを飲んだからといって安心してはいけません。

アイピルで避妊成功率を上げるコツについて

避妊成功率を上げるコツを知っておけば、緊急避妊薬の効果を高められます。
アイピルは性行為をしてから72時間以内の間に飲めば良いのですが、この場合だと避妊失敗率は約25%と言われています。
避妊成功率は約75%という事になりますが、この成功率だと不安を感じる人が多いでしょう。

少しでも避妊成功率を上げる為には、性行為をしてから出来るだけ早くアイピルを飲む事です。
なぜかと言うと、性行為をしてから24時間以内の間に飲んだ場合の避妊失敗率は約5%と言われているからです。
避妊成功率は約95%にも上がるので、少しは安心出来るのではないでしょうか。
もしもの時に備えてアイピルは常に持っておきましょう。
そうする事によって避妊成功率を上げられますし持っていれば安心出来ます。

避妊失敗率を0%に近づけたいなら、通常のピルを飲んで避妊するようにしましょう。
性行為をするタイミングなどもパートナーと話し合って、日頃から避妊を意識する事が大切です。
アイピルは飲む回数が増えれば避妊失敗率も増えていってしまいます。
ですので、出来るだけアイピルは飲まないように心がけましょう。
アイピルを飲んで副作用が出た場合は、早めに医師が薬剤師に相談した方が良いです。

緊急避妊薬を手に入れる場合、まずは病院に行って処方箋をもらわないといけないと考えるのではないでしょうか。
しかし、アイピルはわざわざ病院に行って処方箋をもらわなくても簡単に手に入れられます。
その方法は、個人輸入代行のサイトを利用する事です。
利用するメリットは他にもあります。
病院よりも安く手に入れられますし、誰かにバレる心配もありません。
病院に行く時間がないという人にもオススメです。