• ホーム
  • トリキュラーの通販と病院処方の比較

トリキュラーの通販と病院処方の比較

若い女性

トリキュラーは、日本の婦人科や産婦人科で最もポピュラーな避妊薬として第一選択肢的な扱いの薬です。
海外では薬局などで処方箋なしで購入することができますが、日本では処方薬として扱われていますので医師の診察を受けて処方箋を書いてもらってから購入するのが一般的です。

トリキュラーは病院で処方してもらうと一般的には1シート当たり3000円程度かかるのが相場です。
避妊薬購入する際には医師の診察を初回で受けますが、薬を購入する時には健康保険は適用になりません。
自費で購入した場合、1か月分の1シートは3000円前後で処方されているクリニックが目立ちます。

健康保険が適用にならない自費での購入の場合、医療機関では自由に価格を設定することが出来るため、その価格はクリニックによって多少ばらつきがあります。
2500円で購入できるクリニックもありますし4000円かかる医療機関があるのが実情です。

経口避妊薬は毎日服用することで望まない妊娠を防ぎ、その他女性特有の様々な症状を改善することが出来るため、日本でも多くの女性が服用しています。
しかし毎月かかるコストが高いと考えている方には海外からの通販が人気となっています。

海外からの通販はインターネット上のホームページで買うことが出来るもので、トリキュラーやそれ以外の経口避妊薬が病院処方の価格よりも安く買えるのが特徴です。
比較した場合、1シート当たりの価格は2000円以上差額があるケースもあります。

毎日服用するものですので、成分が同じならできるだけ比較して安いものを買いたいと考えるユーザーは多く、病院処方のトリキュラーから海外通販のものに乗り換えるユーザーがあとを絶ちません。
海外通販のサイトは多くあり、日本語表記で安く病院処方のものと同じ商品が買えるため、口コミでも注目が集まっています。
まとめ買いをするとさらに安く買うことが出来るサイトやポイントがつくサイトは人気です。

まとめ買いをしたトリキュラーは使用期限に注意!

海外通販を利用してトリキュラーやその他の商品を購入するのが女性の間で人気ですが、まとめ買いをしたときの使用期限には注意が必要です。
大抵のショップではまとめ買いをすると1シート当たりの価格が安くなるため、多くのユーザーは1シートではなく3シートや5シートといったようにまとめて買う傾向にあります。

1か月に必ず1シートは使うものですし、やめる予定がない場合多くの女性は多めに用意しておきたいと考えてまとめ買いをしますが、1度に何錠も服用するものではありませんので使用期限が過ぎてしまうと安全に利用することが出来なくなってしまいます。

ショップによっては良心的なところであれば使用期限を表記してくれているケースもありますので、その期限を確認して購入することで、余分に買いすぎてしまって期限切れになるのを防ぐことができます。
商品の性質上他人に譲渡することは危険ですし、余ってしまったら破棄する以外方法が無く無駄になってしまいますので、安く買った商品を無駄にすることのないよう期限に注意するのがポイントです。

通販のサイトではそのショップによって価格設定やサービスが異なるのが特徴です。
多くのショップでは日本語で購入できるため日本の通販とほとんど同じ感覚でショッピングできますし、ポイントを貯めると買い物に使うことが出来るショップや、内容物がわからないようにプライバシーに配慮した梱包をしてもらえるショップもあります。

日本語のわかるスタッフが常駐しているショップでは問い合わせに応じてもらえますし、女性専用のコールセンターを設けているショップなら相談しにくいことも質問できますので、利用したことがない方は評判の良いショップを試してみてはいかがでしょうか。