• ホーム
  • トリキュラーの効果と副作用とは?

トリキュラーの効果と副作用とは?

薬を飲んでいる女性

トリキュラー低用量ピルで避妊薬です。
避妊効果があるだけではなく、女性ホルモンを整えてくれます。
月経の痛みや貧血も改善出来るので女性にとっては嬉しいはずです。
ドイツのバイエル薬品が研究開発を行っていて、日本では1987年に発売開始されました。
日本で手に入れる場合は、医師の診断と処方箋が必要になります。

トリキュラーの避妊効果は90%以上か100%に近いと言われているほど凄いです。
効果を最大限に発揮させる為には正しい飲み方をする事が大切です。
なぜかと言うと、トリキュラーを飲み忘れていたのが原因で妊娠してしまったという人もいるからです。
ですので、忘れずに飲んでいれば問題ありません。
トリキュラーは副作用が少ないというメリットもあります。

トリキュラーは月経にどんな効果を与えてくれるのかと言うと、月経が乱れるのを最小限にしてくれます。
それだけではなく、毎回月経の周期を維持してくれます。
さらに、女性ホルモンのバランスの動きや変化に近づけるようになっているので、飲んでいる時は不正出血を起こしにくくなります。

避妊目的で低用量ピルを飲むとニキビが増えるというのはよく聞くのではないでしょうか。
しかし、トリキュラーは、女性ホルモンの量が少ない低用量ピルなので、ニキビの心配はありません。
逆にニキビの改善効果が高まるほどで、ニキビの治療薬として皮膚科など医療機関でも処方されています。

なぜ低用量ピルがニキビに効果があるのかと言うと、女性のニキビや吹き出物はホルモンのバランスが乱れる事で出来る事が多いからです。
この事によってトリキュラーを飲むと、女性ホルモンのバランスが安定して、皮脂の抑制やニキビを改善させてくれます。
しかし、飲むのをやめてホルモンのバランスが乱れてしまうとまたニキビや吹き出物が出来てしまいます。
そうなってから食生活などを改善してもニキビや吹き出物はなかなか治らないでしょう。
普段からしっかり栄養のある食事と適度な運動を心がけて健康的な生活をしましょう。

副作用の事も気になるのではないでしょうか。
トリキュラーは副作用が少ないというだけで全くないというわけではありません。

トリキュラーの副作用で血栓症現れることがある

トリキュラーで報告されている主な副作用は不正子宮出血・吐き気・頭痛・蕁麻疹などです。
吐き気などの副作用が出た時は軽い症状の場合でも出来るだけ早く医師に相談しましょう。
吐いてしまったり酷い下痢をしてしまったりすると、効果が弱まる場合があるという事を覚えておきましょう。
医師に対処方法を聞いておくと安心です。

トリキュラーには大きな副作用が現れる事があります。
それは何なのかと言うと、頻度不明の血栓症です。
肺や心臓、脳などに血栓症が表れる場合があります。
どんな症状が起こるのかと言うと、急に息切れが起こったり激しい頭痛が起こったりするので辛いです。
他にも構語障害や急性視力障害になる場合があります。
血栓症が現れるのはごく稀ですが、何か体の異変に気付いたらすぐにトリキュラーを飲むのをやめましょう。
すぐに病院に行って医師の診察を受けないといけません。

確率は低いですが、他にも副作用はあります。
例えば、体重が増えたり血圧が上昇したりする場合があります。
他にも肩こりや眠気などの症状が出る可能性がありますが、あまり心配する必要はありません。

トリキュラーを飲み始めた頃は、吐き気や頭痛に悩まされる人が多いようです。
症状がひどい場合は、体に合っていない場合もあるので医師に相談しましょう。
症状が軽い場合は、対処方法を知っていれば安心出来ます。
飲み始めた頃に起こる吐き気や頭痛は女性ホルモンを安定させる為のものなので、しばらくすれば症状は収まります。
ですので、しばらくは様子を見ましょう。

トリキュラーの効果や副作用、対処方法などを知っておけば安心して飲めるでしょう。
妊娠しない為にも、正しい飲み方をして避妊を成功させましょう。